ハイレゾ・ノスタルジア

ハイレゾデジタルオーディオと究極のハイレゾであるアナログオーディオを考察するのだ!

HUAWEI・ファーウェイがハイレゾ級Bluetooth 「HWA・High-Res Wireless Audio」を提唱・発表

昔・昔「 レーザーでスク」は何者だ?と
ディを「で」として発音できない世代にインパクトを与えた
時代があったが
現在のおじさん・おばさん世代にセカンドインパクトを与えるのが
Bluetoothブルートゥース、ブルーツース)だ
ガタイの良いお笑い芸人のギャグや
つぶやきのツイーターと混同したり
ブルーライトな横浜土産のお菓子と思っている人もいる。

Bluetoothはオーディオやスマホやコンピューター機器を
無線接続する技術としてデジタル世代には常識化されていが
逆にオーディオマニアは電気取扱い法法違のような
接続方法にこだわっていて、Wi-FiBluetooth
まったくわからない、接続したこともないのである。

Bluetoothは、PCのマウスやキーボード、スマホのイヤホンなどに
使われていたのだが、iPhonからイヤホン端子が無くなって
急速に普及し始めた。と、同時にBluetoothの弱点である
音質の悪さと遅延の大きさに対して改善する技術も進化
ソニー様はワイヤレスでもハイレゾ級「LDAC」という方式を出し
アンドロイド系は、CDなみ音質のapt-X(アプトエックス)と48/24程度の
ハイレゾ級aptX-HDという方式が市場に揃い始めている。

そんなハイレゾ級ワイヤレスの方式にスマホタブレット
サムソンに次ぐ存在を示しているHuawei・ファーウェイが
Hi-FiオーディオBluetoothコーデック「HWA」を発表

それ「いいね!」仲間に入れてと名乗り出たのは
ONKYO、Pioneer、FiiO、TEACTASCAMオーディオテクニカ、Astell&Kernにゼンハイザーまで、IRIVER、rudus、AKM、FOSTEX などなど

 

伝送性能と遅延を比較するため調べた限り一覧としてみたが
元々正式発表されてない数値が多く、理論値と実効値にも大きな差がある
この表の数値には諸説紛々な部分もあり、電波状況と送信・受信機の性能や相互の距離によってその数値を達成しないことを断っておく。

f:id:manbow_audio:20180530173421g:plain

ハイレゾ級の「級」に関しては、大きな会社のよい年をした方々が
「級」と言っているのでそれはそうなのだろうと一旦は受け取るが
本当にそう思うと「ぼーっと生きてんじゃねーよ」と
チコちゃんに叱られる!」ので「級」は「なんちゃって!」と
変換すると納得なのであります。

その大きな会社がハイレゾ級と言っている伝送能力である
約990kbpsに近い約900kbpsという数値を叩き出しているのが
「HWA」「High-Res Wireless Audio」だ

今の所「HWA・High-Res Wireless Audio」を採用しているのは
ファーウェイの最新鋭スマホHuawei P20 Pro」と「Huawei P20 Lite」

 

今後対応機種がどう増えるのか注目だ

Amazon Huawei Amazon | 新商品・売れ筋商品がお買い得

 

 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Amazon.co.jp: ワイヤレス - イヤホン・ヘッドホン

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/