ハイレゾ・ノスタルジア

ハイレゾデジタルオーディオと究極のハイレゾであるアナログオーディオを考察するのだ!

ティアックから 外部クロックジェネレーター「CG-10M」発表

一般的には外部クロックジェネレーターを用意するなんて

些細な変化を気にする超マニアと思われているが

プロの世界で外部クロックジェネレーターを用意しないなんて

お金をいただく仕事にならない話だ

プロは外部マスタークロックジェネレーターを使うのが当たり前!

使うと音がどうなるとかの問題ではなく使うのが当たり前!

しかし、標準的に使われているマスタークロックジェネレーターは

ひゃくまんえんもするのが当たり前!
牛丼(吉牛並盛)2,630人前と大盛1人前たべて50円のおつりだ!

なんとか吉牛200人前程度で買えるのなら考えたいが

ティアックがベルリンで開催された世界最大のコンシューマーエレクトロニクスショー「IFA」で外部クロックジェネレーター「CG-10M」を発表した。

発表されたティアックの 外部クロックジェネレーター「CG-10M」は
10MHzクロック
肝心の搭載クロックユニットはOCXO(恒温槽付水晶発振器)
中央にメーターがあり発信ユニットが安定したかが確認できる。
デジタル機器でも真空管アンプのように、事前にちゃんと灯を入れるのだ!
クロック出力はBNC端子を4系統装備だ!

 

また同時発表となったネットワークプレーヤー「NT-505」と、
USB DAC「UD-505」はDACチップに旭化成のプレミアムDAC「 VERITA AK4497」を搭載して対応音声フォーマットはDSDが22.5MHz、PCMが768kHz/32bitまでと
これまた製品化が楽しみだ!

 

プロはルビジウム原子基準ジェネレーターだ!
Antelope Audio Isochrone 10M マスタークロックジェネレーター ANT-4120