読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイレゾ・ノスタルジア

ハイレゾデジタルオーディオと究極のハイレゾであるアナログオーディオを考察するのだ!

FiiO X5 3rd gen ハイレゾオーディオプレーヤー

2rd generation が出てから

もう、3rd generationが5月12日に発売となる。

日本メーカーがよくやる、手持ちの技術を組み合わせて

使いもしない機能をコテコテつけてバージョンアップしました的な

ものではない。

より、筋肉質に体力をつけた製品

 

旭化成エレクトロニクス製 AKM AK4490EN を各チャンネルごとに 1 基ずつ搭載。

44.1KHz系列と484KHz系列2つのクリスタル・オシレーター を搭載

ローパスフィルターにもデュアル オペアンプ Ti社の OPA1642 を2基

Android 5.1OS 採用 その最適化によるバッテリー効率向上

2.5mm 4極バランスとアンバランス独立のヘッドフォン出力端子

急速充電 Quick Charge 3.0 対応

デュアル microSD カードスロットがあり最大容量 544GB

最大ビット 32bit PCM と 5.6M DSD を サポート 

 

FiiO X5 3rd gen ハイレゾオーディオプレーヤー

 

 

キーアイテムのAK4490EN は、すでに定評の高い

ハイエンドプレミアム VERITA AK4490EQ  を

世を驚かせたS/N 120dB はそのままに、ポータブル機器用に最適化

 

AK4490EN | 製品 | 旭化成エレクトロニクス(AKM)