読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイレゾ・ノスタルジア

ハイレゾデジタルオーディオと究極のハイレゾであるアナログオーディオを考察するのだ!

NHK おはよう日本 100年インタビュー 小田和正 とゼンハイザーのマイク SKM 5200

2017年3月15日 水曜日 NHK おはよう日本

AM7:30ごろ放送された

100年インタビュー 時は待ってくれない

「アーティスト 小田和正」 BY 阿部渉

番組宣伝

その中で、小田和正コンサート どーもどーも の

東京ドームでのシーンが流された

その際に小田和正氏が握っていたマイクは

ドイツはゼンハイザーのマイク SKM 5200 シリーズ

コンサート等で見た目も良く

クリアな音質で利用するミュージシャンや音楽番組も多い

なにより管理する側はワイヤレスなので

ケーブル絡みの心配もなく

デジタルマルチチャンネルシステムなので

あの大所帯のアイドルグループ全員が持っていても

管理できる

ただ、お値段が1本40万円から50万円

当然ワイヤレスの受信システムも入れれば大変な金額となる

音を拾う先端のカプセルを好みのものに変えてマイマイクとして

持つミュージシャンもいるが

通常はメンテナンスを含めてシステム丸ごと業者さんと

レンタル契約する

よく見かける名前は、ヒビノインターサウンド株式会社

ヒビノインターサウンド株式会社

音楽番組やコンサートDVDのエンドに注意すれば見つかるだろう

劇場やホールなどとも多く契約している

システム自体も高額だが納入後はそのメンテナンスで

安定した収益が得られるのだ。

 

 

100年インタビュー 時は待ってくれない

「アーティスト 小田和正」 BY 阿部渉

BSプレミアム

20日月曜日 夜9時から放送されます。

 

 NHK おはよう日本 100年インタビュー 小田和正 を収録したのは Bunkamura Studio

 

 

 

 

  

www.nhk.or.jp