読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイレゾ・ノスタルジア

ハイレゾデジタルオーディオと究極のハイレゾであるアナログオーディオを考察するのだ!

フルテック DAC/ADC ヘッドフォン・プリアンプ STRATOS

DAC付きプリアンプ
 
1988年から古河電工のPCOCCケーブルを販売することから創設された
フルテックはその名前から古河グループをイメージさせる。
古河財閥と言えば古河機械金属古河電気工業富士電機富士通横浜ゴム日本軽金属みずほ銀行(第一銀行)など巨大グループであり、フルテックもその資本や血流と深いつながりがあると思っていたがよくよく調べるとその史実は見つからず、独立した会社であるようだ。
しかしオーディオマニアには信頼の厚いブランドである。
 
そのフルテックからDAC内臓のプリアンプ STRATOS(ストラトス)が発売された。
 
 
フルテック DAC/ADCデジタルプリアンプ
PCM:24bit~32bit/384kHz
DSD:1bit/11.2MHz DAC24bit/192kHz
   
MM/MCに対応したフォノイコライザーも搭載
 
DACはESSの ES9018K2M
 
プリアンプの要であるボリュームにはMUSES72320を使った電子ボリューム
 
電源はUSBバスパワーで動作するが専用外部アダプターが付属する。
 
ポタフェスで実機を触ったが、売りの電子ボリュームのつまみ取り付け の
 
剛性が足らずグラグラ
 
付属する。専用外部アダプターがチープすぎる
 
所有することの満足感が得られない。
 
作り慣れていない感が強すぎる!
 
しかし
各種ヘッドフォン用のバランス接続ケーブル/アダプタの用意はさすがにぬかりない
ゼンハイザー「HD 800」用の「iHP-35H-4XLR」(1.3m/26,000円、3m/34,000円)や、
「HD650」用の「iHP-35S-4XLR」(1.3m/22,000円、3m/28,000円)、
4pin-3pin XLR変換の「iHP-4F3」、「iHP-4M3」(0.1m、各8,800円)がある。
 
 
外形寸法(幅×奥行×高さ): 215 (W) x 180 (D) x 64 (H) mm
質量: 約1330g